目標管理のコツは事前確認

目標を達成するために

目標を上手に管理することで、働く女性が大きく自分を成長させる手助けとなるような情報を様々な観点からご紹介します。問い合わせ先

転職で失敗しないための確認事項

キャリアアップを図って転職を考えることや、目標を達成するために転職をすることがあるかと思います。しかし転職した結果、かえって今のキャリアよりもキャリアダウンしてしまったり、目標から遠ざかってしまうことなどの危険性もあります。そして初めての転職をするときはどうしても不安になってしまったり、先延ばしにしてしまいがちです。設定している目標のために転職をしようと考えたときはそれが転職の合図で、タイミングです。ここでは転職で失敗しないために事前に確認すべきことをご紹介します。

転職で失敗しないための確認事項
Pocket
LINEで送る

なぜ今の会社を辞めたいのか?

今の仕事をなぜ辞めたいと考えているのかを自分の中でしっかりと整理することが大切です。そのために辞めたい理由のリストを作成してみましょう。マイナス面、プラス面のどちらでも良いのでひたすらリストアップしていきます。例えば、人間関係が上手くいっていない、将来性がない、キャリアアップを図るため、今の会社では目標にたどり着くことがむずかしい、などが考えられると思います。

自分が目指すものを知る

目標管理、目標設定の大切さを当サイトではご紹介していますが、自分の中で立てている目標を再度確認しましょう。そしてその目標にたどり着くためにはどのような業界に勤めると良いのか?どんな会社に勤めるべきなのか?というところを考えましょう。
そして自分が勤めたいと考える業界の事情を知ります。図書館や本屋などに行って、その業界に関する知識を集めていきます。ネットなどで集めても構いませんが、ネットの知識だけでは限界がありますので、できるだけ業界知識を集める際は本を利用しましょう。最終的に自分が目指す業界を知ることによって、志望動機が明確になるので面接などでも役に立ちます。

自分の希望を確立

自分の目標を達成できる業界を知ることができたら、次は目標達成に向けた具体的な自分の希望をしっかりと確立しましょう。希望条件が曖昧な場合、転職しても現状と変わらなかったといった失敗につながります。土日は休みたい、残業はしたくない、月給は現状より多く、などの希望があるかと思います。そして希望条件を固めることができたら、それを貫きましょう。よくある失敗としては、決めた条件を引き下げてしまうことがあります。これは内定がなかなか出ないという理由が引き起こします。結局、内定欲しさに希望条件からずいぶん離れた会社に転職をしたとしても、それは転職失敗と言えます。
希望条件をしっかりと確立させること、そしてその条件を変更しないことがポイントです。

ページトップ