目標管理のできる女性管理職に共通する特徴

目標を達成するために

目標を上手に管理することで、働く女性が大きく自分を成長させる手助けとなるような情報を様々な観点からご紹介します。問い合わせ先

女性管理職が共通して持つ特徴は?

管理職としてリーダーシップを発揮するために必要な3つの特徴についてご紹介します。これら3つの特徴を持ち合わせれば管理職としてキャリアアップをしていけることでしょう。

女性管理職が共通して持つ特徴は?
Pocket
LINEで送る

社内コミュニケーション能力

まずは社内でのコミュニケーション能力が管理職には求められます。目的に合わせて様々な人とフラットに関わることができることが重要です。特に女性の場合は男性よりも、経営者や役員などの「恐れ多い」といった感情を抱く相手にも率直に話をできる方が多いです。
会社のことを考えて自分の意見をまっすぐシンプルに伝えることができますので、会社の成長と社会のためを考えた純粋な意見に耳を傾けてくれるトップも少なくありません。よって、社内のコミュニケーションで率直な意見を述べることができる要素が大切となります。

フラットな立ち位置

自分より上の立場にある人、部下や他部署の人など、様々な関わり合いと立場がある中でも誰にでも平等に接し、態度を変えることがないという要素が大切です。また、物事を判断するときはお客様や社会貢献の視点などからも考え、誰にとっても受け止めやすい内容を考えることも大切です。
女性は、誰かに肩入れをして自分の意見を曲げないという特徴があるので、この点が自分の意見がぶれにくく信用ある意見として受け取ってもらえることも多いです。

感情のコントロール

管理職としてリーダーシップを発揮していくには感情をコントロールする能力はとても重要です。自分の感情をコントロールできず、周囲が自分の気持ちに巻き込まれてしまうと、仕事の進捗や効率に響きます。リーダーとしては自分の気持ちをコントロールして、周囲の人たちの進捗や効率を上げるように心がけることになります。
感情を上手にコントロールしていくコツとしては、プライベートの充実を図ることです。プライベートでの気持ちがそのまま反映されることは良くありませんが、プライベートでなにかしらの楽しみがある人は意識的にオンとオフを切り替えることが上手です。

キャリアアップの近道

管理職の女性たちは、自己成長と社会貢献、そして自分が関わったコミニティが円滑に回ることなどをやりがいとしている人が多いそうです。これらのやりがいを持つことがそのままリーダーとしての素質を持っていることにつながります。自分がもしこのような仕事は面白そうだなと考えたら、キャリアアップの道筋として管理職をおすすめします。

ページトップ