目標管理をして転職面接で役立つ対応法を知る

目標を達成するために

目標を上手に管理することで、働く女性が大きく自分を成長させる手助けとなるような情報を様々な観点からご紹介します。問い合わせ先

面接でキャリアプランを聞かれた時の対応法

自分の目標から転職先を考えて、希望条件もしっかり叶えてくれる会社が見つかりました。しかし、見つけるだけでは目標を達成することはできません。あくまでもその会社でキャリアを築いたり、目標に向けて働かなければ意味がありません。そこでとても重要になる面接に関してのことをご紹介します。面接で、どのようなキャリアプランを考えているのか?と聞かれることがあります。自分のキャリアプランをしっかりと伝えるために、どのような答え方が良いのかを知りましょう。

面接でキャリアプランを聞かれた時の対応法
Pocket
LINEで送る

結婚と出産について答える

女性がキャリアを積み上げる時に必ずと言っていいほど付いて回るのが結婚と出産です。結婚に関してはキャリアを積み上げることを目標にしていますので、「結婚後も働き続けます」と答えることはできます。しかし、結婚すると多くの女性は出産も考えると思います。出産後はどれだけ心身が強くても働き続けることは物理的に難しいです。そこで、出産後の育児などの期間を踏まえて自分の働き方を考えておきましょう。ここを明確にしておくことによってどのようにキャリアを形成していこうとしているのかを伝えやすくなります。
ポイントとしては、キャリアプランを答えるので「結婚(出産)を機に辞めます」と言うことはNGです。今後も働いていくために結婚や出産の期間をどう考えているのか、ということを会社は聞きたいのです。

目標は高く持つ

キャリアプランを聞かれた時に「出世をあまり考えていません」という回答はあまり好ましくありません。女性の場合は特に「どこかで辞めるんだろうな」といった印象を会社に与えます。
逆に、高い目標を持っている場合はずっと働き続ける意志とみなされますし、なにより努力を続け成長してくれるといった好印象を持たれます。具体的に自分の設定した目標を伝えると、より一層信憑性が増しますのでおすすめです。

現在している努力を伝える

自分のキャリアプランを語る時に大切なことは、結婚などのライフイベントについて語ること、高い目標を掲げていることだとご紹介しました。これらに付け加えて、自分の努力を語るとなおいいです。なぜなら、現在努力をしていない人は信用が得られないからです。現在努力をしている人は会社に入ってからも努力を継続してくれる人というイメージを与えてくれます。
よって、自分の立てた目標を具体的に伝えた後に、さらに自分が行っている努力を伝えましょう。具体的な目標のために行っている努力を伝えることによって、本当にしたいことがわかっていて行動ができる人という印象を与えます。この印象は会社からすると、信用ができる人という大きなプラスポイントになります。

ページトップ