目標管理をする際は年代を意識すること

目標を達成するために

目標を上手に管理することで、働く女性が大きく自分を成長させる手助けとなるような情報を様々な観点からご紹介します。問い合わせ先

年代で異なるキャリアプランのポイント

女性がキャリアを築くためのポイントはどのようなものがあるでしょうか。自分ならではのスキルを磨くこと、復職が比較的しやすい業種に就くこと、資格を取ることなど色々とあるかと思います。しかし、忘れてはいけないことは年代別でキャリアを形成することにもポイントがあるということです。例えば20代で考えておくべきキャリアプランと、40代になってから考えるキャリアプランでは注意することやおさえるべきポイントが全く変わってきます。年代別でキャリアを形成するポイントと注意点をご紹介します。

年代で異なるキャリアプランのポイント
Pocket
LINEで送る

20代のキャリアプラン

20代の頃に会社から求められていることは潜在的な能力です。どんなことを成したか、ということではなく、どれほどの成長を見せてどれほどの向上心があるのかということが大切です。様々な可能性を見られる時期であるため、自分にあった仕事や自分の好きな仕事を見つけるために転職を考えているならこの時期がベストと言えます。専門的なスキルや即戦力となるスキルがなくとも向上心などでカバーが効きます。よって現在持っていないスキルが必要とされる会社でも採用されやすいです。
注意点としては、この時期に安易に転職を繰り返していると自分のスキルも育たず、会社からも採用されにくくなってきます。自分の強みや弱みをよく理解した上で、今後の自分の目標に向かってキャリアプランを立てていきましょう。

30代のキャリアプラン

30代では家庭を持っている方も多く、1つの会社で安定してキャリアを積み重ねたい時期です。よってキャリアプランを考えた場合、今の会社で目標管理をすることが大切です。会社の中でのポジションなどを明確にすることで、自分が現在成すべきことが見えるはずです。
しかし、会社という狭い枠だけに捉われず、自分のスキルが市場でどれほど需要があるのかという点も考えておきましょう。変化の激しい時代ですので、いつ会社からの需要がなくなるかはわかりません。そこで自分のスキルが市場から求められていれば問題なく別の会社で生き残ることができます。注意点としては、転職は35歳までにしておき、35歳からは1つの会社で安定させるということです。それ以上になってしまうとどうしても年収が下がってしまうケースが多くなります。

40代のキャリアプラン

この年代が一番の働き盛りの時期と言えます。この時点で、自分が求めるキャリアと会社の求める人材のイメージが一致しているかが大切となります。40代になるとフットワークを軽くすることがどうしても難しいため、20代、30代で自分のキャリアと会社の求める人材のイメージが合うようにしておきましょう。定年も少し意識して働く時期となってきますので、残りの仕事人生をどう過ごすかということも考えながらキャリアや仕事内容を考えていきましょう。
注意点としては、40代での転職はなかなか難しいということを忘れないようにしましょう。ほとんどのケースで年収に関しては下がりますし、希望の条件にマッチする転職が難しくなります。なるべく今の会社でできることを考えたほうが無難です。

ページトップ