ブランクがあっても問題ないように目標管理を

目標を達成するために

目標を上手に管理することで、働く女性が大きく自分を成長させる手助けとなるような情報を様々な観点からご紹介します。問い合わせ先

出産育児をブランクにしない計画を

仕事の充実を図りたい女性が直面する問題が出産と仕事の両立です。出産をする際には産休を、出産したあとはもちろん育児をするための育休を取らなければなりません。そしてこれらの休暇によってキャリアアップが阻まれてしまうこともあります。しかし、だからといって出産の機会を逃したくはないという方も多くいらっしゃると思います。仕事と出産の両立を考える女性ができる、キャリアの積み方をご紹介します。

出産育児をブランクにしない計画を
Pocket
LINEで送る

出産とキャリア

現在の日本の平均初産年齢は約31歳となっています。あなたは現在何歳でしょうか?「将来的には結婚・出産は考えている」とよく聞きますが、その将来というのは遠い未来の話でしょうか。今からしっかりと考えておいても、早すぎるということはないと思います。
出産がキャリアに関してどのような影響をもたらすのかをまずは知りましょう。出産がキャリアに与える影響は大きく3つあります。1つ目が育児による勤務時間の制限です。当たり前ですが乳幼児がいる場合には夜遅くまで仕事を続けるわけにはいきません。2つ目は、欠勤が避けられないということです。予期せぬ子供の体調不良によって急な欠勤や早退、遅刻などは多々あります。そして3つ目が、育児によるストレスです。ハードな仕事をこなしてハードな育児をこなすというのが女性の心身に与える影響は簡単に想像がつきます。
このように出産後にキャリアを積もうとしても、なかなか会社の都合としては良くないことが多くあります。ではどのようなキャリアの形成が好ましいのかをご紹介します。

キャリア形成

女性がキャリアを積むことを考えた場合に、なによりも大事なことは早い段階で出産を意識していることです。そして出産を意識してキャリア形成をする2つのポイントをご紹介します。
1つ目は会社側から求められる価値があるということです。自分が会社に与える価値で自分にしかできないというポイントを作り上げておくことが大切です。自分がいなければ会社が困るというポイントを作れば長期休暇によるキャリアダウンは考えづらいものとなります。
2つ目は1つの会社に依存しないということがポイントです。現在の会社において機械的に手順を覚えて仕事をしている場合は、仕事の取り組み方を見直しましょう。理由として、他の会社で働くとなった場合にはその仕事の方法ではなくなります。他の会社でも役に立つ人材であるために、その仕事の本質を理解するように努めましょう。本質を理解することができれば、仕事の仕方が変わったところですぐに適応し、応用することができるので「使える人材」となることができます。

ページトップ