目標管理のポイントは数値化

目標を達成するために

目標を上手に管理することで、働く女性が大きく自分を成長させる手助けとなるような情報を様々な観点からご紹介します。問い合わせ先

数値を意識すると達成率は上がる!

目標を達成するために大切なことはなんでしょうか?努力すること、継続すること、もちろんこの2つはとても大切な要素と言えます。しかし、少し漠然としていますし、継続して努力することが出来ればおそらく現状を変えられないと悩むことはないでしょう。もっと具体的で明確な、目標を達成するコツがあります。それは目標を数値化するということです。目標の数値化によるメリットをご紹介します。

数値を意識すると達成率は上がる!
Pocket
LINEで送る

達成条件が明確

目標を数値化すれば誰でも「達成したかしていないか」という判断がつきます。つまり、目標を数値化すれば目標の達成条件が明確になるということです。そして、掲げている数字をクリアすれば良いだけですので、その数字を達成するために集中することができます。余計な迷いがなくなる分、目標の達成率に変化がみられます。

達成までの道筋が明るい

目標の達成には、あれもこれもと手を出すのではなく目標に向けた計画が重要です。目標を数値化することによって、この計画がとても立てやすくなります。例として、1ヶ月で100キロを歩くという目標を掲げたとします。通勤時に歩いて往復で3キロ、そして夕ご飯の後に2キロ歩くとします。すると1日あたり5キロを歩くことができます。これを20日で計算すると100キロ歩くことが可能です。このように、数値化することによって計画を立てる際の計算にとても役立ちます。
目標は小さな計画を積み重ね、そして数値を積み重ねていくことで達成します。

達成までの修正がしやすい

目標を達成するには現状ではおおよそ難しいということが、目標を数値化することで判明する場合があります。つまり、達成するには計画の修正が必要であるということがわかります。目標を変更することはNGですが、目標を達成するために現在の行動を修正することは目標達成に必要なプロセスです。

実際に目標を数値化する

目標の数値化のメリットはこれでご理解頂けたと思います。では実際に目標を数値化するコツを知りましょう。数値化するコツは2つのポイントをおさえることで簡単になります。
まず1つ目は現状と目標までの差を知るということです。現在自分の置かれている状況とゴールまでの間には何があるのかを考えましょう。現状とゴールの差を把握していれば目標の数値化は難しくありません。2つ目は、目標を小さく分解していくことです。部屋を掃除することを例に挙げると、部屋を掃除する場合、床の片付け、掃除機をかける、拭き掃除、この3つに分解することができます。そして目標に対する行動回数を設定します。寝る前に毎日床を片付ける。月曜と木曜の帰宅後に掃除機をかける。月曜の掃除機をかけた後に拭き掃除。これで目標を達成するために明確な道のりが出来上がります。
このように目標を数値化すればわかりやすくすることができます。

ページトップ